イベント情報・お知らせ

BLOG

「女子的 薪ストーブの愉しみ」①

甘いものが好きな男性を『スイーツ男子』って呼ぶことが、ずいぶんと浸透してきたと思われる今日この頃。以前だったら、「甘いもの=女性」のイメージが強すぎて、ほんとは好きなのに言えずに・・・って事もあったのかもしれませんが、最近は、コンビニでお菓子を買う男性も増えたとか。そういう風に考えると、、男性のイメージが強い『薪ストーブ』が大好きな女性を『薪ストーブ女子※注1)』と呼ぶのもよいかもしれない。と思いつきました。女子的な愉しみ方は、薪ストーブで直接火を焚くというより、その上に鍋をおいてコトコトと煮込み料理をしたり、暖をとりながら手仕事をしたり・・・(すみません、おもいっきり個人的意見ですが)。これからは、そういう愉しみもここでご紹介させていただけたらと思っています。前置きが長くなりましたが、今日ご紹介するのは、そんな「女子的薪ストーブの愉しみ」を実践されていたターシャ・チューダーさんの本。「HEIRLOOM CRAFTS」(Houghton Mifflin Company)という洋書で、表紙には暖炉、ページをめくっていくと『薪ストーブ女子』ならあこがれるであろうキッチンストーブも登場します。炎の前で、穏やかな時間をすごすという至福の時間が伝わってくるような本、素敵です!(とは言え、これは手仕事の本。ストーブや暖炉はさりげなく登場しているだけです) さて、この本は、1995年に出版されたものなので、しばらく『薪ストーブミュージアム』で見ていただけるように置いておきます。気になる方はぜひご来店時にご覧くださいね。※注1)女子=年齢に関係なく女性の意味です。

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

薪ストーブミュージアム
〒969-0401
福島県岩瀬郡鏡石町桜町225
岩瀬牧場フラワーガーデン内事務所棟となり
TEL.0248-92-3077
FAX.0248-62-4120
営業時間 9:00〜17:00
定休日 木曜日
臨時休業・営業時間変更等の情報はこちら
Contact:
info@makistove-museum.com