イベント情報・お知らせ

BLOG

女子的 薪ストーブの愉しみ方とジャズのそれは似ている?

最近『女子ジャズ』なる言葉をたびたび耳にするようになり、「女子的薪ストーブの愉しみ方と、女子的ジャズの愉しみ方って似ているのではないかしら?」と思うようになりました。もちろん、これはあくまでも個人的な意見です。まず、自分のことを省みると薪ストーブ:山小屋で使っているイメージ→お友達が使い始めたと聞くと少し興味の対象になってきた→実際薪ストーブを焚いているお友達の家で、その暖かさや「なんだか癒される~」ということを体感、さらにそれが気になる→気になるのだから、もっと知りたいと思うようになる。→気づくと薪ストーブミュージアムで薪ストーブを焚く日々を送っている。ジャズ: 喫茶店などでおじさまが聞いているイメージ→カフェや雑貨屋さんで流れているのを耳にするようになる→ジャズやボサノヴァなどが一緒に収録されたコンピレーションアルバムを自宅でも聞くようになる→自分の気に入った曲のことが気になり調べる→毎日ジャズを聞くようになる。こんな感じです。よくよく考えてみると「薪ストーブ」と「ジャズ」のどちらも、私の中では、なんとなく知ることとなり、うんちくや歴史などというよりは、心地がいいから好きになったという共通点があったので、かってに「似ている」と思えてしまったのかもしれません。そんなこんなですが、この2つはなかなか相性もいいので、日々相乗効果で愉しめているという訳です。「愉しみ方」はいろいろなので、まずは「自分らしく愉しむ」っていうことが、大切なのかもしれませんね!

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

薪ストーブミュージアム
〒969-0401
福島県岩瀬郡鏡石町桜町225
岩瀬牧場フラワーガーデン内事務所棟となり
TEL.0248-92-3077
FAX.0248-62-4120
営業時間 9:00〜17:00
定休日 木曜日
臨時休業・営業時間変更等の情報はこちら
Contact:
info@makistove-museum.com